5. 動作確認

この手順では、これまでに作成してきた環境を実際に動く様に設定して確認をします。

アーキテクチャ